10月の米小売売上高:前月比0.2%増-除ガソリンは0.1%増(2)

米商務省が14日に発表した10月の小売 売上高(速報、季節調整済み)は前月比0.2%増と、9月の0.7%増(速報値

0.6%増)から伸びが鈍化した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は0.1%増だった。

変動の大きい自動車を除いたベースでは前月比0.2%増加と、事前予想と 一致。9月は0.3%の増加だった。

リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのシニアエコノミスト、ドル ー・マタス氏は「第4四半期に入り、個人消費が減速している」と語り、これ が第4四半期の経済成長率を若干押し下げると続けた。

10月はガソリンスタンドでの売上高が0.8%増加した。ガソリンを除く小 売売上高は0.1%増と、4カ月ぶりの低い伸びだった。

家具は前月比0.9%減。前月は1.3%減だった。百貨店での売上高は0.5% 減少した。オンライン販売などの無店舗販売は1%減少した。

国内総生産(GDP)の個人消費の算出に使用される自動車とガソリン、 建築資材を除くベースの小売売上高は0.1%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE