官房長官:国際的動向、科学的知見に基づき対応-米産牛肉輸入制限問題

町村信孝官房長官は13日午前、閣議後の記 者会見で、米国産牛肉の輸入制限措置の撤廃・緩和問題について「食の安全、 消費者の信頼が問われているということを念頭に置きながら国際的な動向、科 学的知見に基づいて対応することが重要だ」との認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。