米ブラックロックのフィンクCEO:信用市場の評価損は拡大へ

米資産運用会社ブラックロックのローレ ンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は13日、ニューヨークでの投資家 向けの講演で、銀行に数十億ドルの評価損計上を強いた信用市場の損失はさら に拡大するとの見通しを示した。

同CEOは「著しく悪化するだろう。多くの機関投資家は信用収縮がどの ように収益を圧迫するかを理解していない」と指摘した。

フィンク氏は800億ドル規模のストラクチャード・インベストメント・ビ ークル(SIV)救済基金、いわゆる「スーパーSIV」について、財務省と 協議していることを明らかにした。バンク・オブ・アメリカやフェデレーテッ ド・インベスターズ、フィデリティ・インベストメンツは傘下のマネー・マー ケット・ファンド(MMF)運用会社の損失を限定するため、「スーパーSI V」を支持している。

フィンク氏はメリルリンチ次期会長の最有力候補とみられているが、メリ ルから要請があったかどうかについては言及を避けた。同氏はブラックロック には少なくとも2年に及ぶ後任選定計画があると述べたものの、具体的には語 らなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE