ヤクルト:中間純利益、医薬など好調で24%増-第2四半期76%増

乳酸菌飲料世界最大手のヤクルト本社が13 日発表した9月中間期の連結決算によると、純利益は前年同期比24%増の103億 だった。国内外での医薬品製造販売事業などが好調だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。