レオパレス:9月中間期の純損失118億円に-306億円特損計上で

アパートや戸建などの建築・修繕工事を手 掛けるレオパレス21は13日、2007年9月中間期の連結業績予想を修正し、純損 益は118億円の赤字と従来予想の154億円から大幅に悪化する見通しと発表した。 前受金の会計処理の変更により306億円を特別損失として計上するためとしてい る。前年同期は168億円の純利益だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。