日本総研:07年度成長率見通しを1%に下方修正-GDP受け

日本総合研究所は13日午後、7-9月期の 国内総生産(1次速報)の結果を受け、07年度の成長率見通しを1.7%から1.0% に下方修正したと発表した。住宅投資の減少が08年1-3月期まで継続するほ か、建設投資の減少が設備投資の押し下げ要因になるとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。