中部電力:石炭の取引事業で仏電力会社と業務提携-供給確保狙う(2)

中部電力は13日、フランス電力会社の子会 社EDFTと提携し、石炭の取引事業に参入すると発表した。石炭の主要産出国 である中国はことし、国内需要の増加を背景に純輸入国に転落。また、豪州や南 アフリカ共和国などの生産国では供給が滞っており、世界的に発電用石炭の需給 は引き締まっている。中部電力は、石炭取引の事業に乗り出すことで供給を確保 する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。