日経平均は04年9月来の8日続落、資源株下げ-内需戻り支え(終了)

東京株式相場は8営業日続落。日経平均株 価の連続下落記録は、2004年9月の9日続落以来だ。サブプライム(信用力の 低い個人向け)ローン問題を背景にしたマネーフローの変調で、前日の海外商品 相場が大幅安となったことから、資源関連株に売りが先行。新日鉱ホールディン グスなど石油製品、住友金属鉱山など非鉄金属、三菱商事など大手商社株が安い。

半面、取引開始前に発表された7-9月期の国内総生産(GDP)が市場予 想を上回り、国内景気に対する過度の悲観論がひとまず後退したため、金融など 内需関連株の一角に買い戻しが入り、相場全般の下値も限られた。

日経平均株価の終値は、前日比70円46銭(0.5%)安の1万5126円63銭。 TOPIXは同1.67ポイント(0.1%)安の1454.73。東証1部の売買高は概算 で22億1937万株。

フォルティスアセットマネジメントの山本平代表取締役は、「予想外に良か った7-9月期のGDPは相場にとってひとまずグッドニュースだった。もっと も、投資家は足元の経済状況ではなく、サブプライムローン問題などの影響が警 戒される景気の先行きを懸念している」と話した。

終日方向感欠く

この日の相場は方向感に欠けた。午前の取引でプラス圏で推移する場面が多 かった日経平均は、午後の取引開始直後から下げ幅を広げ、一時は1.4%安の1 万4988円77銭と、再び1万5000円の大台を割れた。その後は急速に下げ幅を 縮小し、上昇に転じた場面もあったが、結局は下落に転じて終えた。

相場の足を引っ張ったのが資源関連株だ。世界的なマネーフローの変調から、 前日のニューヨーク原油先物相場が前日比1.8%安、ニューヨーク金先物相場が 同3.2%安となるなど、海外商品相場が総じて大幅安となったことから、前日の 米株式相場では、米石油最大手のエクソンモービルなどの資源関連株に売りが先 行。東京市場でもこの流れを引き継いで関連銘柄が売られた。TOPIXの業種 別下落率上位には、卸売や石油・石炭製品、非鉄金属などが並んだ。

ファンドクリエーションの木下晃伸インベストアナリストは、「原油価格が 高止まりでいられるか。原油価格が水準訂正となれば、株式相場はもう一段の下 落となってもおかしくはない。世界は株高、景気好調を謳歌してきたが、こうし た状況は調整を迎える可能性がある」と指摘する。

GDPは上振れる

ブルームバーグ・プロフェッショナルによると、前日の東証1部の騰落率レ シオ(25日移動平均線)が67.4%。経験則上、反発を狙った買いが入りやすい と言われる70%を8月29日以来、割り込んでいた。テクニカル面での割安感が 浮上する中、この日は内需関連株の一角に買い戻しが入った。

きっかけとなったのが取引開始前に発表されたGDP。GDP速報値は前期 比0.6%増、前年比年率2.6%増となり、ブルームバーグ・ニュースによる事前 調査の中央予想値(前期比年率1.8%増、前期比0.5%増)を上回った。国内景 気に対する過度の悲観論が後退し、大手銀行や不動産、その他金融などの内需株 が反発。銀行指数はTOPIXの上昇寄与度上位となり、相場を支えた。

カシオやUアロズが急伸、日ケミコンや住軽金は下げ

個別では、メリルリンチ日本証券が投資判断を「中立」から「買い」に引き 上げたカシオ計算機のほか、下期に不採算店の閉鎖や人件費の最適化を図る方針 を示したユナイテッドアローズなどが大幅高。通期(08年3月期)業績予想を 上方修正した鬼怒川ゴム工業、午前の取引終了後に通期(08年3月期)の通期 利益を増額修正した東洋エンジニアリングなどが上昇した。

半面、第2四半期利益が市場予想を下回った日本ケミコン、工事の先送りな どで今期(08年3月期)の赤字幅を拡大する見通しとなった駒井鉄工などが大 幅安。通期の利益増額幅が、事前のアナリス予想の平均に届かなかった松田産業、 前日午後に通期の利益予想を減額している住友軽金属工業、ミヨシ油脂などが東 証1部の下落率上位に並んだ。中間期の連結純利益が44%減の東洋鋼鈑も安い。

マザーズ堅調、ジャスダックは5年ぶりの11日続落

全体相場が軟調に推移する中、新興市場は堅調だった。東証マザーズ指数は 前日比1.6%高と続伸、大証ヘラクレス指数は同1.6%高と反発した。USEN やミクシィ、サイバーエージェントなどネット関連株の一角に買いが入った。一 方、ネット関連銘柄の少ないジャスダック指数は同0.7%安と11営業日連続安 となった。ジャスダック指数の11日連続安は2002年11月20日以来、およそ5 年ぶり。

--共同取材:吉川 淳子   Editor:inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 常冨 浩太郎 Kotaro Tsunetomi +81-3-3201-2089 ktsunetomi@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nicolas Johnson +81-3-3201-8343 nicojohnson@bloomberg.net

企業ニュース 株式に関するニュース 地域別ニュース 銘柄コード<EQUITY>CN NI STK 日本 NI JAPAN 銘柄コ-ド<EQUITY>BQ NI JPS アジア NI ASIA JBN2

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE