大田経財相:「景気回復が確認された」-住宅徐く内外需が堅調

大田弘子経済財政政策担当相は13日午前の 閣議後会見で、7-9月期の国内総生産(1次速報)の結果を受け、「住宅投資 の減少を除くと内外需ともに堅調な動き」としたうえで、「しっかりした景気回 復が確認された」との認識を示した。

一方、先行きについて経財相は、①米国のサブプライム(信用力の低い個人 向け)住宅融資問題が米国の実体経済に与える影響②原油価格の上昇が日本の中 小企業の収益に及ぼす影響③日本の住宅投資の落ち込みがどの程度持続するか- については「十分注視していく必要がある」と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE