NY原油時間外:続落-景気減速への懸念とドル相場上昇で売り

ニューヨーク原油先物相場は、13日の時間 外取引で続落している。米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ロー ン危機の余波で景気拡大が阻害されるとの懸念に加え、対ユーロのドル相場が上 昇したことが売りにつながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。