新日鉄・新日石合弁:炭素繊維生産を3倍に増強-投資額30億円

新日本製鉄の全額出資子会社である先端素 材メーカー、新日本マテリアルズの石山照明社長は13日、新日本石油との合弁 による炭素繊維事業で30億円を投じ、現在年間60-70トンの生産能力を2009 年まで約3倍の180トンに引き上げると発表した。

合弁会社「日本グラファイトファイバー」(東京都中央区)は、新日鉄広 畑製鉄所(兵庫県姫路市)の敷地内で、鉄鋼原料のコークスを生産する際の副 産物を利用して炭素繊維を生産している。炭素繊維は軽さと強度を兼ね備えて いるのが特徴で、産業用ロボットなどに需要が伸びているため増産を決めた。

新日鉄の株価終値は前日比1円(0.2%)高の646円、新日石は同19円 (2.1%)安の897円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE