米資産家アイカーン氏のヘッジファンド、運用成績が初のマイナス

米資産家カール・アイカーン氏が手掛ける ヘッジファンドの四半期ベースの運用成績が、3年前の設定以来で初めてマイ ナスとなった。不安定な市場に加え、住宅建設を手掛ける米WCIコミュニテ ィーズや米自動車シート製造大手リアへの株式投資で損失を出したことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。