日無線株が小動き、通信機器落ち込み中間期赤字-通期予想は上方修正

日本無線の株価が前日終値を挟んでもみ合 い。携帯電話の番号継続制度(MNP)の導入に向けた通信事業者のインフラ 整備が一巡して通信機器事業が落ち込み、9月中間期の連結営業損失が事前予 想より拡大した。足元の業績悪化を嫌気した売りに押されて始まったが、海上 機器などその他の事業は好調で通期業績予想を引き上げたことから、業績回復 期待も出ており、次第に値を戻す展開となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。