独ポルシェが株式分割を計画-2007年7月期は利益が3倍に増加

ドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェ は12日、1株を10株に分割する株式分割を実施すると発表した。また、同日発 表した2007年7月期の通期決算は、純利益が前年比3倍となり、過去最高益を 更新した。保有するフォルクスワーゲン(VW)株式の値上がりが寄与した。

発表資料によると、07年7月期の純利益は42億4000万ユーロ(優先株1 株当たり239.86ユーロ)で、前年度の13億9000万ユーロ(同78.22ユーロ) から増加した。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト9人に実施した調査では、 予想中央値は21億6000万ユーロだった。

ウェンデリン・ウィーデキング最高経営責任者(CEO)は9月、ポルシェ がVW株式の31%を保有しているほか、買い増す権利も与えられていると述べ ていた。VW株は今年に入って倍以上に値上がりしている。一方、ポルシェはこ の日、為替変動や新型スポーツカー「パナメラ」に対する投資が利益を抑制した とも説明した。

12日のフランクフルト市場で、ポルシェ株は前日比108.92ユーロ (6.3%)安の1613.32ユーロで取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE