人民元:対ドルでペッグ制廃止後で最大の下げ-SAFE局長発言受け

13日の中国外国為替取引では、人民元が ドルに対し下落し、2005年7月のペッグ(連動)制廃止後で最大の下げとなった。 中国国家外為管理局(SAFE)の胡暁煉局長が12日、中国が海外資金に対する 依存度を小さくし、流入資金の質を高めるべきだと発言したことに反応した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。