新日鉄:H形鋼の受注削減を強化-11月から6割減産へ

新日本製鉄は、建設資材であるH形鋼の11 月の一般流通向け受注を6割削減すると発表した。ことし6月に施行された改 正建築基準法の影響で、建材需要が急減しているためとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。