浜野内閣府審議官:急激な為替変動は好ましくない-景気回復は継続

浜野潤内閣府審議官は12日午前の定例会見 で、外国為替市場で円高が進行していることを受け、実体経済への影響につい て、「一概には言えない。基本的に円高によるデフレ効果がある一方で、プラス 効果もある」としたうえで、「問題はあまり急激に為替が変動することは、いず れにしても好ましくない」との認識を示した。

日本経済の現状については、「いろいろな経済指標をみると、少し良くない 材料が出てきているという面もある」とし、株安が続いていることなどについ ては「金融資本市場でアメリカのサブプライム(信用力が低い個人向け)住宅 融資問題に端を発した混乱が続いている」と語った。

一方で浜野内閣府審議官は、「日本経済については、全体として、依然とし て回復が続いている認識に変わりはないと思っている」と述べ、「いろいろな指 標の動きもあるので、これからも注意を払っていきたい」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE