官房長官:為替水準コメントせず、一般的な円高は忌むべきでない(3)

町村信孝官房長官は12日午前の記者会見で、 株安と円高について、「水準は市場で決まることで適切であるとか、ないとかい うことについてはコメントを出さないことになっている」と述べた。ただ、円 高については、「輸出産業にとっては厳しいことだが、日本国全体として見たと きに円高を忌むべきものと見るのは間違っている。基本的に円高はいいことだ」 と述べ、一概に否定的なものとは言えないとの認識を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。