首相:早期の米訪問、東アジアサミット出席表明-政府・与党連絡会議

福田康夫首相は12日昼、首相官邸で行われ た政府・与党連絡会議で、国会の許可が得られれば早期に米国ワシントンを訪 問して日米首脳会談を行った上で、20日以降にシンガポールで開かれる東アジ アサミットなど一連の東アジア諸国連合(ASEAN)関連の国際会議に出席 する意向を明らかにした。会議終了後、大野松茂官房副長官が記者会見し、内 容を明らかした。ただ、大野氏は首相外遊の具体的な日程については発表しな かった。

会議では公明党の北側一雄幹事長は原油高が中小企業の経営に影響を与え ているとして、これらの業者が価格転嫁できるように検討が必要との認識を示 した。大幅な下落を記録している株価についての発言はなかったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE