東京外為:円が1年半ぶり高値圏、サブプライムで買い戻しくすぶる

朝方の東京外国為替市 場では、ドル・円が1ドル=109円台半ばから後半と約1年半ぶりの円高値圏で もみ合っている。サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題によ る欧米金融機関の損失拡大や米景気の悪化が警戒されるなか、リスク回避の動 きがくすぶっており、円はユーロや資源国通貨に対しても約2カ月ぶりの高値 水準となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。