NY金:大幅続落、円キャリー解消で商品離れ-807.70ドル

ニューヨーク金先物は大幅続落。3.2% 安と2006年10月3日以来、13カ月ぶりの大幅な下落率となった。円が対主 要通貨で堅調となり、貴金属やほかの商品への投資が鈍るとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。