福田首相:株価急落、円高進行に「心配することは少しもない」(2)

福田康夫首相は12日夜、東京株式市場で日 経平均株価が年初来安値を更新するなど、株価が急落したことや円高が進行して いることが今後の企業業績や実体経済に与える影響について聞かれ、「心配する ことは少しもない」と述べ、懸念は抱いていないことを強調した。首相官邸で記 者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。