関電、九電:スーダン原油の調達を自粛-紛争への懸念の高まりで

電力2位の関西電力は、世界的に非難が高 まっているスーダン産原油の調達削減を始めた。また、九州電力も今後、火力発 電所で燃料として使用しているスーダン原油の購入量を減らす方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。