NY原油時間外:1.5%安-米景気の減速予想とOPEC閣僚発言で

ニューヨーク原油先物相場は、12日の時間 外取引で下落している。米景気が減速する兆しが示されたことから、原油相場 が1バレル当たり100ドルに達するとの強気の投資心理が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。