シティなど米銀3行:「スーパーSIV」基金の仕組みで合意-関係者

シティグループとバンク・オブ・アメリカ (BOA)、JPモルガン・チェースの大手米銀3行は、コマーシャルペーパ ー(CP)市場の再生に向けた800億ドル(約8兆8140億円)規模の基金「ス ーパーSIV」の仕組みについて合意した。事情に詳しい関係者が12日までに 明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、基金の計画に携わるバンカ ーは9日にニューヨークのBOAのオフィスで会談し、10月に提案された当初 の案よりも単純な仕組みで合意した。ポールソン米財務長官が示唆した案は、 ストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)と呼ばれる運用会 社の資産3200億ドル相当の一部を基金が買い取るというものだった。

関係者によると、格付け会社がスーパーSIVについての査定を終え、税 金や法務に関する専門家の意見が得られれば、早ければ2週間後には基金の概 要書が準備される見通しだという。ただ、調査会社グレアム・フィッシャーの マネジングディレクター、ジョシュ・ロスナー氏は、同計画は投資家の信頼を 獲得する必要があるとして、価値が急落した資産について投資家は警戒を解か ない可能性もあると指摘した。

ロスナー氏は「計画全体に欠陥がある」として、「損失を認めずに先送り するのは、理性にも安全性や健全性にも反する」と述べた。シティとJPモル ガンの広報担当者はコメントを控えた。BOAの広報担当者は現時点でコメン トすることはないと述べた。

SIVはCPで短期資金を調達し、より長期の証券に投資する。CP市場 が機能不全に陥りSIVは7月以来、資産売却などを迫られている。ポールソ ン長官は9日に、年末までにSIV基金を設立できるとの考えを示し、JPモ ルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は7日に、年末まで の設立に向けて作業を進めていると述べていた。

モルガン・スタンレーやクレディットサイツのアナリストは、基金がSI Vの債務の保有者を納得させられない可能性があると指摘していた。アナリス トらによると、SIVは資産を基金に売却するには優先債務保有者75%の支持 を取り付けなければならない。関係者によると、9日に銀行間で合意された仕 組みはこの要件を緩和する可能性がある。また、基金は最大100ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)の手数料を課す可能性があるという。

-Editor: Bilodeau (rrb)

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +81-3-3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Bradley Keoun in New York at +1-212-617-2310 or bkeoun@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Otis Bilodeau at +1-202-624-1988 or obilodeau@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE