香港株(午前):下落、約1カ月ぶり安値-工商銀やHSBC安い

午前の香港株式相場は下落。クレディ・ス イス・グループが、中国当局が本土個人投資家の香港株買いの解禁を「延期す る」との見通しを示したことや、中国当局が預金準備率を引き上げたことを嫌気 し、ハンセン指数は約1カ月ぶりの安値を付けている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。