米ゴールドマン、「レベル3」資産はシティグループ、メリルより多め

米投資銀行ゴールドマン・サックス・グル ープは第3四半期末に、価値評価の難しい「レベル3」と分類される資産をシ ティグループやメリルリンチに比べ多く保有していた。シティとメリルは金融 機関の中でも、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンから の打撃が大きかったことが分かっている。

レベル3の資産は市場価格がほとんど付かないため、保有企業が社内モデ ルに基づいてその評価額を定めている。米証券取引委員会(SEC)への届け 出によると、ゴールドマンのレベル3資産は2007年6-8月(第3四半期)末 の時点で総資産1兆500億ドル(約115兆円)の6.9%を占めていた。シティと メリルは9月30日時点でそれぞれ5.7%と2.5%だった。

合わせて190億ドル(約2兆1000億円)以上とみられる主にサブプライム 関連の評価損は、シティとメリルの業績の重しとなっている。投資家は売却が 難しい資産をバランスシート上に抱えた銀行や証券会社に不安を抱き始めた。 ゴールドマンの幹部はサブプライム関連保有資産の「極端な」価値下落はない としているが、投資家の疑心は晴れず同社株は今月に入り15%下落した。

フィフス・サード・アセット・マネジメントで運用に携わるジョン・フィ ッシャー氏は「ゴールドマンとて完璧だとは考えにくい」と話す。同氏は過去 1年にゴールドマンとメリル、モルガン・スタンレー株を売却したという。「ゴ ールドマンの損失は他社に比べ少ないかもしれないが、問題が全くないという ことではないだろう」と同氏は述べた。

ゴールドマンの第3四半期は、高利回り融資債権の価値が14億8000万ド ル減少したにもかかわらず、79%増益だった。モルガン・スタンレーとリーマン ・ブラザーズ・ホールディングス、ベアー・スターンズは減益、メリルは創業 来最悪の赤字だった。

レベル3の評価

ゴールドマンの最高会計責任者(CAO)、サラ・スミス氏は9日のイン タビューで、「レベル3だからといって評価額が適正でないとは限らない」と して、当社は「いつでも解消できるようにポジションを評価している」と述べ た。

レベル3資産が第3四半期に33%増えたのはレバレッジド・バイアウト (LBO)向け融資の市場が冷え込み、融資債権を自社で抱え続けたためだと 同氏は説明した。これらの資産をレベル3の分類に移した際に評価額を引き下 げているが、市場が回復すればレベル2に戻す可能性もあるという。

ゴールドマンの8月末時点のレベル3資産は総額720億ドルだった。預か り資産を除いたゴールドマン自身の保有は509億ドルで総資産の4.9%。ゴール ドマンの広報担当者ルーカス・バン・ブラーグ氏によると、その「大きな部分」 はプライベートエクイティ(未公開株)と不動産投資だという。

未公開株と不動産

スミス氏によると、未公開株や不動産は通常レベル3資産だが、LBO向 け融資などは市場環境によってレベルが変化する。バン・プラーグ氏は「レベ ル3の資産はすべて価値評価が難しいという概念には異を唱える」と述べた。 また、「情報開示規則の結果、未公開株と不動産を多く保有する企業のレベル 3資産は多くなる」と解説した。

各社が採用する米財務会計基準審議会(FASB)の規則「FAS157」は すべての公開企業に、評価方法の分類別に資産の内訳を示すことを求めている。 FASBの定義では、レベル1の資産は市場価格が容易に得られる。レベル2 は、「観察可能な要素」ないし、市場で取引される類似の資産の価格から概算 される。「観察可能な要素」もなく、各社が利益や損失の可能性を計算する際 に自社のモデルに依存する必要がある場合はレベル3となる。

モルガン・スタンレーのレベル3資産は7.4%。同社は7日にサブプライム 関連資産の価値が9、10月に37億ドル低下したことを明らかにした。価値が目 減りしたのは主に、サブプライムローンを裏付けとした債務担保証券(CDO) だった。ゴールドマンも多くの企業と同様に、CDOの評価額は公表していな い。メリルは評価損を発表した際に、CDOの評価額を半分未満の150億ドル に引き下げたことを明らかにした。シティグループは430億ドル相当の資産担 保CDOを保有している。同社は110億ドルの評価損を追加計上する可能性を 示唆した。

ペンシルベニア州立大学のエドワード・ケッツ准教授は「これらの資産の 多くは、流通市場を持たない」として、「推測に基づいているためレベル3資 産の評価には誤りが多い」と指摘した。

---With reporting by Jesse Westbrook in Washington and Bradley Keoun in New York. Editor: Bilodeau (tbq/ecw)

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +81-3-3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Yalman Onaran in New York at +1-212-617-6984 or yonaran@bloomberg.net; Christine Harper in New York at +1-212-617-5983 or charper@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Otis Bilodeau at +1-202-624-1988 or obilodeau@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE