中国東方航空の香港株が6年ぶり大幅下落-買収合戦期待が後退(2)

中国3位の航空会社、中国東方航空は12 日、香港上場株がここ6年間で最大の下落となった。同社株取得をめぐる争い が株価上昇につながるとの期待が後退したのを受け、売り注文が先行した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。