パキスタンの野党議員ら、非常事態宣言への抗議強化へ-早期総選挙で

パキスタンのムシャラフ大統領が非常事態 宣言下で総選挙を実施する方針を明らかにしたのを受け、野党議員らは反政府 デモを強化する考えを示している。

野党議員のイムラン・カーン氏の報道官アハメド・アワイス氏は「嵐の前 の静けさだ」と指摘。「政府はこの社会を、全階層の市民が街頭デモに参加する ような形へと追いやっている」と語った。

ムシャラフ大統領は11日、ブッシュ米大統領からの圧力に対応し、総選挙 を来年1月9日までに行う方針を表明。一方で、テロとの戦いを後押しするた め、非常事態宣言を継続する考えを示した。

反政府派は、公共の集会やテレビのニュース放送を禁止したほか、1000人 を超える弁護士や人権活動家、野党議員や支持者の拘束につながった現行の戒 厳令下では、自由で公正な選挙は不可能だと指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE