豪BHP:リオの買収実現なら年37億ドルの節減効果-自社株買いも

世界最大の鉱山会社、豪BHPビリトンは 12日、同業の英豪系リオ・ティント・グループを買収する計画について、実現 すれば年間37億ドル(約4090億円)の経費節減につながるとの見通しを示し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。