新テロ特措法案、衆院特別委で可決-13日にも衆院通過

衆院テロ防止特別委員会(深谷隆司委員 長)は 12日午後、インド洋での海上自衛隊による補給活動を再開するための新 テロ対策特別措置法案を与党の賛成多数で可決した。13日の本会議で衆院を通過 する方向だが、野党が過半数を占める参院で可決する可能性は極めて低い。与党 は衆院で再議決することも視野に法案成立に努力する方針だが、12月15日まで 35日間の延長が決まった今臨時国会で与野党の攻防が一段と激しくなりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。