今週の米経済指標:10月の小売売上高の伸び鈍化へ-燃料高が影響

今週発表の米経済指標では、10月の小売売 上高の伸びが鈍化したことが示されそうだ。燃料高や不動産価格低迷を受け、消 費者は支出に回せる余分な現金がほとんどないことが背景にある。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想(中央値)によると、 商務省が14日発表する小売売上高は前月比0.2%増と、前月の0.6%増から減速 する見通しだ。労働省が発表する統計でも、消費者や生産者のコスト上昇が明ら かになると見込まれる。

景気拡大の柱である個人消費は引き続き冷え込む見通しだ。消費者は燃料関 連の請求書を支払うため、衣料品や家具などへの支出を節約している。燃料価格 上昇に伴いインフレリスクは引き続き高く、米金融当局の早期利下げは困難な状 況だ。

ワコビアのシニアエコノミスト、マーク・ビトナー氏は「景気が減速してい るのは間違いない」と語り、「エネルギー価格上昇が主な要因だ。消費者は自由 に使える支出を切り詰めている」と述べた。

10月の小売売上高の伸びは予想通りであれば、4カ月ぶりの低水準となる。 変動の大きい自動車を除いたベースでは前月比0.3%増と、前月の0.4%増から鈍 化する見通しだ。

10月の気候が例年より暖かかったことも小売業者の状況悪化につながった。 ジャケットやセーターの売れ行きが低調だった。調査会社リテール・メトリクス が先週まとめた統計によると、ウォルマート・ストアーズなど小売業者10社中 7社は10月の売上高がアナリスト予想を下回った。

全米不動産業者協会(NAR)が13日に発表する9月の中古住宅販売成約 指数は過去最低になる見通しだ。エコノミストによると、サブプライム(信用力 の低い個人向け)住宅市場の混乱に伴う資金調達コスト上昇や貸し出し基準厳格 化は、住宅市場の低迷が2008年に入るまで続くことを示している可能性がある。

労働省が15日発表する10月の米消費者物価指数(CPI)は前月に続き前 月比0.3%上昇と見込まれる。変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数 は5カ月連続で前月比0.2%上昇となる見通し。ガソリンや暖房油の価格が10月 後半に上昇しており、CPIは悪化傾向にあることが示唆されている。

14日に労働省が発表する10月の生産者物価指数(PPI)は全体で前月比

0.3%上昇と、前月の1.1%上昇から伸びが鈍化する見通しだ。ワコビアのビ トナー氏は「エネルギー価格上昇は来月発表される11月の統計で判明するだろ う」と指摘する。

10月の鉱工業生産指数は製造業の冷え込みを示す内容になるもようだ。米 連邦準備制度理事会(FRB)が16日に発表する同指数は前月比0.1%上昇と、 9月と同水準にとどまる見通しだ。

同指数の状況は、2年に及ぶ住宅市場低迷がそれ以外の分野にも波及してい ることを示唆している。ただ、ドル安と海外の好調な景気が米国の輸出を押し上 げており、生産の急激な落ち込みを阻むとエコノミストは予想している。

ブルームバーグ調査

**********************************************************************
日付   発表時刻     経済指標                        予想    前回実績
**********************************************************************
11/13    2:00   10月   財政収支(億ドル)           -590      -493
11/13    3:00   9月 中古住宅販売成約指数          -2.5%     -6.5%
11/14    8:30   10月   PPI                         0.3%      1.1%
11/14    8:30   10月   PPIコア指数                 0.2%      0.1%
11/14    8:30   10月   小売売上高                     0.2%      0.6%
11/14    8:30   10月   小売売上高(自動車除く)         0.3%      0.4%
11/14    8:30   9月 企業在庫                       0.4%     0.1%
11/15    8:30   10月   CPI                         0.3%      0.3%
11/15    8:30   10月   CPIコア指数                 0.2%      0.2%
11/15    8:30   11/10  新規失業保険申請件(万件)     32.0      31.7
11/15   12:00   11月   フィラデルフィア連銀指数       5.0       6.8
11/16    9:15   10月   設備稼働率                    82.0%     82.1%
11/16    9:15   10月   鉱工業生産指数                 0.1%      0.1%
**********************************************************************
・発表時刻はワシントン時間
・「%」は増減率
・「-」はマイナス
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE