米国株時間外:クアルコムとオールスクリプツ下落、エヌビディア急伸

米株式市場時間外取引では、携帯電話用半 導体メーカー2位のクアルコムが安い。携帯電話機メーカー最大手ノキアとの 特許争いで技術ライセンス収入が減少する可能性があることから、通期業績予 想を下方修正したのが嫌気された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。