アジア太平洋の社債保有リスク:週間ベースで上昇-CDS取引が示唆

クレジット・デフォルトスワップ(CDS) 取引が示唆するアジア太平洋地域の社債の保有リスクは今週、少なくとも9月以 来で最大の上昇となった。米金融機関のサブプライム(信用力の低い個人向け) 住宅ローン担保証券関連損失への懸念が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。