NTT:第2四半期の純利益は7割減-10年度「光」目標も引き下げ

国内通信最大手NTTの第2四半期(2007 年7-9月)の連結純利益は前年同期に比べ約7割減少した。稼ぎ頭である携 帯電話のNTTドコモの利益が競争激化で減少したことなどが響いた。NTT はまた、次世代の収益源と位置付ける光ファイバーの契約獲得目標の引き下げ も発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。