北海ブレント原油、08年輸出は17%減の108カーゴに-評議会

スコットランドのシェットランド諸 島評議会に8日提出されたリポートによると、2008年の北海ブレント原 油の英国からの輸出量は17%減少する可能性があり、英国の石油収入を 押し下げる見通し。石油会社は供給増を目指し、北海以外での探索に重 点を移しつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。