NTT:第2四半期純利益は69%減-ドコモ不振で環境依然厳しく(4)

国内通信最大手NTTの第2四半期(2007 年7-9月)の連結純利益は、前年同期比比69%減の456億円となった。稼ぎ 頭である携帯電話子会社のNTTドコモの利益が競争激化で急減。データ通信 の増益などではカバーできなかった。通期(2008年3月期)は利益予想を上方 修正したが、厚生年金基金の代行返上益という一過性の要因によるもので、事 業環境は厳しいままだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。