国際帝石HD:通期純利益予想を増額-中間期純利益25%増で(2)

石油開発最大手の国際石油開発帝石ホール ディングスは9日、通期(2008年3月期)の連結純利益予想を5.9%増額して 1270億円にすると発表した。原油販売量の増加や原油価格の上昇が、07年9月 中間期の利益を押し上げたことなどが寄与する。しかし、前期の実績比では23% 減となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。