エルピーダ社長:台湾ナンヤやプロモスと提携も-再編機運高まる(2)

コンピューターなどの主要メモリーである DRAM市場で来年の世界首位を目指すエルピーダメモリの坂本幸雄社長は、ブ ルームバーグ・ニュースのインタビューで、韓国サムスン電子追撃に向け、ナン ヤやプロモスなど具体名を挙げて台湾勢との新たな提携に意欲を示した。これに 対し両社とも直ちに歓迎する姿勢を表明、空前の価格下落が進むDRAM市場で 業界再編の機運が高まってきた。

DRAM市場は、ノンブランドPC(パソコン)向けの汎用品の価格が8日、 1ドルを割り込み、過去1年で5分の1に暴落した。このなかでエルピーダは増 産投資を継続しながら9月中間決算では100億円近い営業利益を確保、世界シェ アも4-6月期の4位から7-9月期は3位に浮上した。一方、4位の独キマン ダ、5位の米マイクロン・テクノロジー、6位以下の台湾勢は軒並み大幅な赤字 を計上、中堅メーカーは淘汰の波にさらされている。

坂本社長は6日行ったインタビューで、「1ドル割れが起きれば、DRAM 事業をギブアップする会社も出てくるだろう。業界は3社程度に絞られるので は」と予想。6位以下の台湾メーカーはエルピーダ陣営に合流する可能性がある とみて、「何も決めていないが、そういう話があれば真摯(しんし)に話をした い」と語った。

その上で「たとえばナンヤ(7位)やプロモス(8位)などと提携すれば、 お金をあまりかけずに生産能力を増やせる」と指摘。シェアトップに向けて「い ろいろな可能性の中から、年末か来年初めまでに方針を決めればいいと思ってい る」と述べた。

坂本氏の発言について、ナンヤの広報担当者パイ・ペイリン氏は、「非常に 光栄なことだ」とコメント。プロモス広報担当のベン・ツェン氏も、提携は「理 にかなっている」と述べ、「あらゆる機会を拒否しない」と語った。エルピーダ とすでに提携している台湾のパワーチップ・セミコンダクター(PSC、力晶半 導体)の広報担当エリック・タン氏も、業界のさらなる「統合」には「よいタイ ミング」と前向きだ。

シェア30%へ王手

エルピーダは昨年12月、PSCと合弁企業「レックスチップ」を設立し、 4-5年で1兆6000億円を投じて台湾に4つの新工場を建設すると発表。4工 場の生産能力は、300ミリメートルウエハー換算で月24万枚に達する。足元の シェアは、エルピーダ単独で約12%、PSCとの合計では約20%だが、坂本社 長は「来年中に両社で30%近辺のシェアを獲得し世界ナンバーワンになる」と 意気込む。

来春から来夏にかけての増強計画は、エルピーダの主力の広島工場が月10 万枚(最大12-13万枚まで可能)、PSCの既存工場が月12-13万枚、レック スチップが月7万枚。これを合計すると月29-30万枚となる。レックスチップ は来夏の月10万枚までの増強前倒しも選択肢。

首位サムスンの生産能力は月28万枚程度と市場で推計されており、来年中 に逆転が視野に入る。ただ、サムスンも10月下旬、07年の半導体設備投資計画 を、過去最大の6兆8400ウォン(約8750億円)に増額すると発表したばかり。 このうちどれだけをDRAM増産に投じるかは明らかにしていないが、追われる サムソンも手をこまぬいているわけではない。

シェア30%を確実にするためには、現行の枠組みに加え、提携で仲間を増 やすか、自前で増強計画を上積みするかが、有力な手段となる。提携先拡大は、 エルピーダが技術を供与することで相手先の能力を確保することができ、相対的 にリスクが少ない。

他方で、自社工場拡張のためのエクイティファイナンス(新株発行による 資金調達)ついて坂本社長は「今のところはやる予定はない」としながらも、今 後の選択肢からは排除しない構えだ。ただ新株発行は、株式価値の希薄化や財務 の健全性を示すD/E(デッド・エクイティ)レシオ悪化につながるため、「一 時的にレシオを変えてまでも、踏み込むかどうか」と、慎重に判断する。

通期の営業利益200億円目標

通期(08年3月期)の業績予想は開示していない。ブルームバーグ・デー タによると、アナリスト17人による予想平均値は、売上高が前期比5.2%減の 4656億円、営業利益は同3分の1の221億円。坂本社長は、スポット価格が1.5 ドルまで回復することを前提に、売上高は4000数百億円、営業利益は「200億 円を確保したい」と述べた。

ただし、「今のままのプライスが続けば、それもなかなか厳しい。市況は来 年1-3月期に回復すると思うが、現時点では読みきれない」との見方を示した。

エルピーダメモリ株は前日比90円(2.7%)高の3430円(午後2時11分現 在)。

--共同取材 小笹俊一 、Chinmei Sung Editor:Taniai(eue/kzt/aok)

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 中島三佳子 Mikako Nakajima +81-3-3201-8312 mikako@bloomberg.net

Pavel Alpeyev +81-3-3201-2137 palpeyev@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人   Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Mikako Nakajima YUKIO SAKAMOTO Eric Tang Ben Tseng Pavel Alpeyev Chinmei Sung

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE