米シティのプリンス氏:株式とオプション約34億円持って退社へ(2)

米銀最大手シティグループの米証券取引委 員会(SEC)への届け出によると、会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任 したチャールズ・プリンス氏は株式とストックオプション(自社株購入権)を 合わせて約3000万ドル(約33億8400万円)相当を持って同社を去ることにな る。

シティの8日の届け出によると、プリンス氏には退職金は支払われないが、 年100万ドルの給与は12月31日の退社まで支払われる。同氏はまた、シティ の株価に連動した賞与も受け取る。シティ株の年初来41%の下落を織り込むと、 賞与は1200万ドル前後となる。

シティはサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンや関連証券で 110億ドル相当の評価損が出ていると発表し、プリンス氏は4日に辞任した。10 月30日に退任した証券大手メリルリンチのスタンレー・オニール氏は株式など で1億6150万ドル相当を得ていた。

シティはまた、プリンス氏が競合他社に就職しない限り5年にわたってオ フィスと秘書、車、運転手を同氏に提供する。また、一部給付に対する税金も 同氏に代わり支払う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE