消費者金融3社:7-9月期は282億円の黒字に転換-利息返還は不透明

大手消費者金融のプロミス、アコム、武富 士の3社が8日発表した第2四半期(7-9月)の連結純損益の合計は、前年 同期の6060億円の赤字から282億円の黒字に転換した。利息返還引当金の積み 増しがなかったほか、経費削減なども寄与した。3社合計の通期予想も前期の 1兆3000億円の赤字から1100億円の黒字に転換する見通し。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。