米スティール:サッポロに「企業価値向上策」提出-酒類や不動産で提言

米系投資ファンドのスティール・パートナーズ は8日、投資先サッポロホールディングスに「企業価値向上計画」を提出した。酒 類や不動産事業についての提言で、サッポロHに実現を求めてステークホルダー(利 害関係者)の利益拡大を狙う。サッポロは米モルガン・スタンレー証券と不動産事 業での提携を発表したばかりで、サッポロをめぐる外資の動きが活発になっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。