米ディズニーの7-9月期:12%増益-CATVとテーマパーク好調

米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニ ーが8日に発表した2007年7-9月(第4四半期)決算は前年同期比12%増益 となった。ケーブルテレビ(CATV)のスポーツ局ESPNの「マンデー・ナ イト・フットボール」やテーマパーク部門が寄与した。

純利益は8億7700万ドル(1株当たり44セント)となり、前年同期の7億 8200万ドル(同36セント)から増加した。売上高は前年同期比3.2%増の89億 3000万ドルとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の90億ドル に届かなかった。

ロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)によるテレビ事業とテーマパ ーク事業の重視が奏功し、同CEO就任以降8四半期連続の増益を達成した。E SPNに全米自動車競争協会(Nascar)のレースやフットボールの番組を 追加したこともCATV事業にプラスとなった。

税制上の優遇措置の影響を除いたベースの1株利益は42セントとなり、ア ナリスト予想平均に一致した。

ディズニーの株価は8日、前日比13セント高の33.63ドルで終了。決算は 通常取引終了後に発表された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE