日本株は小幅安に、米景気減速の懸念で電機など下落-資源買い(2)

週末の東京株式相場は朝方安くなった後、 下げ渋る見通し。米国景気が10-12月期に減速傾向を強めるとの見方から、 電機や自動車など外需依存度の高い輸出関連株に業績の先行きを警戒した売り が増加しそう。金融機関の追加損失への懸念で、銀行株も軟調が予想される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。