ゴールドマンの投資判断引き下げ、メリルやベアーSと並ぶ-ワコビア

米銀ワコビアのアナリスト、ダグラ ス・シプキン氏は米投資銀行ゴールドマン・サックス・グループの株式 投資判断を「アウトパフォーム」から「マーケットパフォーム」に引き 下げた。同氏は信用市場の収縮と広範な景気の鈍化見通しを考慮すると、 ゴールドマンの株価は過大評価されていると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。