米ゴールドマン:シティやメリルなど大手5社の株価予想を下方修正

米ゴールドマン・サックス・グループは、 金融大手のシティグループ、JPモルガン・チェース、ベアー・スターンズ、 メリルリンチおよびリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの株価見通しを 下方修正した。各社がサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンに関 連した資産の評価損を追加計上する必要があるとの懸念に基づく。

ゴールドマンのアナリスト、ウィリアム・タノナ氏は調査リポートで、 「信用市場はさらに悪化し、銀行・証券各社は引き続き評価損や、債務担保証 券(CDO)など高リスク資産への投融資の規模を明らかにし、投資家は驚く ことになるだろう」と指摘。さらに同氏はシティを含む5社について、「いず れも追加評価損を明らかにするだろう」と述べた。

同社は今後1年間のシティの株価見通しを40ドルと従来の48ドルから下 方修正し、JPモルガンを56ドルから51ドルに、ベアー・スターンズを135 ドルから118ドルに、メリルリンチを79ドルから66ドルに、リーマン・ブラ ザーズを75ドルから71ドルにそれぞれ引き下げた。

タノナ氏は5社の株式投資判断を「ニュートラル(中立)」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE