財務次官:政府系ファンドの設立考えず-外貨準備の運用に慎重姿勢

津田廣喜財務事務次官は8日夕の定例記者会 見で、外貨準備を元手とした政府系ファンドの設立に否定的な考えを明確にする とともに、外貨準備の運用について安全性と流動性を最重視するとした慎重な姿 勢をあらためて示した。

津田財務次官は「外貨準備の運用は安全性と流動性に最大限配慮しながら収 益性を求めていく。為替市場や他の国の金融市場をかく乱することがないように 留意していく」と述べたうえで、「政府系ファンドを設立するということは考え ていない」と明言した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE