アジア株:下落、8月以降で最大の下げ-米サブプライム懸念広がる

8日のアジア株式相場は、8月17日以降 で最大の下げとなっている。ドル安や、米金融機関のサブプライム(信用力の 低い個人向け)住宅ローン関連の評価損拡大が一段と明確になってきているこ とを受け、世界的な混乱が広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。