米ワシントン・ミューチュアル株が17%安、NY州当局の談合調査で

米S&L(貯蓄・貸付組合)最大手ワシン トン・ミューチュアルの株式が、7日のニューヨーク市場で約20年ぶりの大幅 安になった。ニューヨーク州のクオモ司法長官が、同社と関係のある住宅ロー ンの査定で「談合の構図」があることを突き止めたと発言したことが背景とな った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。