プロミス:7-9月期は52億円黒字、貸し倒れ費用減-通期上方修正(2)

大手消費者金融のプロミスが8日発表した 2007年度第2四半期(7-9)月期の連結業績は、純損益が52億円の黒字に転 換した。貸し倒れ引当金などの営業費用が減少したのが要因。中間純利益も同 119億円の黒字に転換した。通期予想は140億円の黒字を172億円の黒字(通期 実績は3780億円の赤字)に上方修正した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。